大森 海苔のふるさと館
〒143-0005
東京都大田区平和の森公園2番2号
電話:03-5471-0333
FAX:03-5471-0347
平成30年度業務受託者
特定非営利活動法人 海苔のふるさと会

google
WWW サイト内

企画展(開催中)

絵画の中の海苔づくり

期間
平成30年7月18日(水)〜10月14日(日)
会場
2階企画展コーナー
観覧料
無料

海苔養殖は江戸時代中期頃から、品川から大森にかけての沿岸部で盛んになったとされています。そして昭和37年の漁業権放棄までの約300年間、大田区沿岸部は日本有数の海苔産地でした。
海苔は江戸近郊の風物詩のひとつとして、人々に馴染み深いものでした。そのため海苔は、多くの浮世絵や版画で、題材として取り上げられました。
本企画展では、海苔養殖の様子を描いた浮世絵・版画などの絵画を展示いたします。絵画には当時の海苔養殖風景が詳細に描かれており、人々の注目を集めていたことが分かります。
また絵画には、当館で展示している道具を使う場面が描かれています。ぜひ実物と絵画を見比べて、その様子をご覧ください。
なお、長期間の展示にともなう劣化を避けるため、複製にて展示しております。

「大日本物産図会 武蔵国浅草海苔製図」 三代歌川広重 明治10年(1877)

「名所江戸百景 南品川鮫洲海岸」初代歌川広重 安政4年(1857)
ライン

トップへ戻る

inserted by FC2 system